HOME>お役立ち情報>瞬時に気づくことが可能【csirtの設置で監視を強化】

瞬時に気づくことが可能【csirtの設置で監視を強化】

PC操作

問題発生の予測

パソコンでの業務において、ネットワークを使うのは常識的になっています。一方でネットワーク上にはいろいろな危険があり、何も対策をせずに業務を行うのは問題があります。各企業ではcsirtを設置して迅速に対応できるよう備える必要があります。対策の一つとしてサイバーセキュリティ対策システムの導入があります。問題が起きたかどうかを人が判断するのは難しく、システムで検知できればその後の対策につなげられます。多くの業者からいろいろなシステムが用意されています。選ぶ際の基準として、いかに早く問題を検知できるかがあるでしょう。ネットワークに異常が発生してから情報を教えてくれるのではなく、予測をして事前に対処できるかどうかをチェックしましょう。

オフィス

監視や原因分析

企業内で利用されるパソコンやサーバーなどはネットワークで接続されます。社内のみのネットワークの他インターネットなど社外との接続もあり、不正なアクセスが発生する可能性があります。csirtはネットワークにおいてセキュリティー上の問題が発生していないかの監視、万が一発生した時のその原因分析などを行う仕組みです。何も準備がされていないといつ不正な侵入があるかもしれませんし、原因が分からないと将来的にも同じ問題が発生する可能性が出てきます。監視の仕組みや原因解析などは、社内でチームなどを作って行うこともあります。一方で専門の業者に依頼をして対応してもらうこともあります。会社の規模によって対応方法が変わるかもしれません。