サイバー攻撃被害について【サイバーセキュリティは依頼すべし】

男性

サイバーセキュリティ対策をしなければいけない理由

従業員情報や顧客情報など個人情報が企業のサーバーにはたくさん保管されています。一度でもそれが流出すれば信用問題になります。特にカード情報はそのまま詐欺被害にもつながるような情報です。
他にも自社のサーバーが踏み台となって他の会社のサーバーに攻撃を仕掛けていたりすると巻き込まれただけでも責任を問われます。そんな事態を引き起こさないためのサイバーセキュリティ対策は行ってあることが当然であり、すでに知らなかったでは済まされない状況です。

PC操作

専門業者に任せよう

情報漏洩や攻撃のポイントになる穴は知らないうちに開いています。自社のソフト以外に使っているOSやソフトウェアのバグが原因になることもあります。重ねて技術は日進月歩で進化するので常に最新情報を追いかけるのも大変です。
きちんと対策を打つためには専門家の力を借りましょう。ポイントが分かっているだけに効果的に対策を提案してくれます。発生したリスクの緊急度に応じて対策の優先度まで判断をしてくれるのでセキュリティー上の問題が見つかったからと言ってすぐに大騒ぎになることも防げます。

サイバーセキュリティ

サイバー攻撃された際の被害は甚大

サイバー攻撃の被害は様々ですがどれも会社経営に大きなダメージを与えます。自社サーバーに侵入されれば情報が漏洩し、信用が落ちれば企業イメージは大幅にダウンします。WEBサイトに侵入され、内容を書き換えられる脆弱な企業というイメージを与えます。情報を大切にしないことや対策が不十分であることはそのまま顧客を軽んじていると見られるのです。
もちろん攻撃されたシステムの復旧にも多大な時間と労力を要し、その費用と得られるはずだった売り上げのことまで考えればとんでもない額の損失が生まれます。

サイバーセキュリティを自社でやる場合と業者に任せる場合のメリットを比較

対応に抜け漏れがなくなる

セキュリティ対策は一か所でも抜けや漏れがあるとそこから攻撃を受けてしまいます。せっかく対策を打っていても穴が開いていては意味がありません。専門家を頼れば穴を生まずにしっかりと面で対策が打てます。

依頼費用が抑えられる

外部の専門家を依頼するとどうしても費用は高くつきます。社内のリソースで対策を打っていけると比較的高額にならず対応できます。社内での人員調整になるのでリソースを割きやすく、迅速な対応も可能です。

プロに任せたほうが安心

セキュリティの分野は専門性が高く、システムに詳しい人でも取り付くのが難しい分野です。その分その道を究めた専門家もたくさんいます。自分で頑張ろうとせずに専門家の助言を受けると結果的に早く効率的にサイバーセキュリティ対策を打てます。

サイバー攻撃者の狙いTOP3

男女
no.1

リスクの残った入力フォーム

入力フォームからの登録内容に特定の文字を入れることでデータベースの内容を引き出せたり変更できたりします。対策の打たれていないフォームは狙われます。

no.2

企業メールアドレスへのウイルス送付

しっかりと保護された企業ネットワークに穴をあけるためにメールが利用されます。添付ファイルを利用したウイルスで企業内ネットワークに侵入することで攻撃を仕掛ける糸口を作ります。

no.3

大手企業のホームページ

大手企業のホームページは一日当たりのアクセス数が多く、改ざんによる影響が出る速度が圧倒的に早いところです。

広告募集中